自慢

とても久しぶりになってしまったこちらの日記

もはや日記というのか、備忘録ということにしといた方が良い気がする。

備忘録と言っても、昨日の事、さっきまで息をしていた事、過去は全て黒歴史だと思ってしまうスタイルの中で25年強生きてきたので、読み返す事もない。

もはやここはなんだ、何のために文字にしているのかはわからないが、心の事を文章にする時ホットする。言葉も忘れないし、便利だ。あ、わかった、これはただの自慢だ。誰も見ていない所だとしても、これは私の人生を自慢のためにSNSをする。ハッシュタグをつけていないだけで、たまたま見た人がいたら面白いなぐらいで書いてる。ブログなんて自己満なのよ。たくさん化粧品を紹介したらお金がもらえるわけじゃないし、自撮りをアップしたら地位がもらえるわけでもない。そう、これはただの自慢。

 

 

 

 

 

 

最近は体調がすこぶる悪い。

夜も2時間おきに目が覚める。無駄に起きた夜中は辛い。どれだけ呼吸をしたってずっと暗いんだもん。早く朝になって欲しい気持ちだけを抱えて毎日夜を過ごしている。

そんな中、最近希望がありました。

ある人のことをずっと紹介されていて、こないだようやくはじめまして出来たらその夜に文面でだけど、「会えて嬉しかった」と言われた。

すごく嬉しかった、そんなこと全然言われないので狂喜乱舞してしまって、むずむずして心に留めておけなくて、今日職場の人に自慢してしまった。

その言葉だけで、生きてて良かったと思って救われた。

けれど、私は恥ずかしくなってしまって、いつもの調子で(笑)とかつけてしまったけれど。

次会ったらわたしも。と、伝えよう。

 

 

 

仕事はいつも通りに辛いけれど、

人と話すと楽しいから接客は向いていると思う。

一生懸命にした事が空回って、人を傷つけてしまったり、怒らせてしまったりしてしまうと悲しくなる。

頭を使っていかないといけないな。

 

 

明日からまた希望を持って頑張ろう。

生きる。